baner baner

温泉のご案内


「今宵白鷺温泉泊り 旅の労れを湯で流す」
野口雨情が詠んだ下田温泉小唄の一章。
約700年の歴史を誇り、湯治場として人気があり、著名人や文化人もたくさん訪れています。

 

picture

下田温泉
源泉掛け流しの天然温泉です。
湯治場として約700年の歴史を持つ下田温泉。
今に変わらぬ白鷺湯。

写真拡大

 

picture

蛸壺からお湯が
湯の出口に蛸壺をあしらった露天風呂は、旅の疲れを癒してくれる・・・

写真拡大

 

picture

露天風呂
自然の風、虫の声を聴きながら入っていただくことが可能です。
夜は、天気がよければ、星空が眺められます。

写真拡大

 

picture

ビデオでご紹介
熊本・天草下田温泉に15年ぶりに新規開業した「湯の郷くれよん」その魅力をビデオでたっぷりご紹介します。

見る

「湯治するなら下田のお湯で 今に変わらぬ白鷺湯」 野口雨情

温泉のご紹介

下田温泉は別名白鷺温泉(しらさぎおんせん)とも呼ばれ、約700年前、傷ついた白鷺が足を治していたところに、温泉がわき出ていたことに由来します。
古くから湯治場として有名です。
(効能表=下田温泉・泉質効能表・下田北地区振興会サイト
「湯の郷くれよん」は露天風呂、内風呂共に源泉かけ流しの天然温泉です。
宿泊のお客様及びお昼にお食事をされたお客様(+500円)にご提供します。

《大浴場》

脱衣所に備え付けのバスタオル、タオルは自由にお使いください。使用後は、使用済みタオル入れに入れておいてください。

また、ボディシャンプー、シャンプー、コンディショナーは浴場内に備え付けてあります自由にお使いください。

《露天風呂》

自然の風、虫の声を聴きながら入っていただくことが可能です。

夜は、天気がよければ、星空が眺められます。
「天草温泉小唄」(下田温泉小唄)作詩・野口雨情

湯治するなら下田のお湯で 今に変わらぬ白鷺湯

瀬戸に有田に陶器の元は 掘って積み出す茶碗石

波の花咲く妙見浦に ぬれて啼くのは磯千鳥

土井の老松伐らせてならぬ 伐れば下田の湯もかれる

三州岳から朝立つ風は 下田繁昌と吹き下ろす

鮎は若鮎湯の香を慕ひ 河鹿鈴ふる瀬をのぼる

下田川筋蛍の頃は 通ふ姿も隠されぬ

今宵白鷺温泉泊り 旅の労れを湯で流す

赤い夕日は天草灘に 沖の鵜の鳥ャいつ帰る